パフォーマー

真飛聖の変顔画像が面白い!彼氏や結婚!元宝塚トップスターの経歴は?

真飛聖

元宝塚トップスターの真飛聖(まとびせい)さんて素敵ですね。

バラエティー番組での変顔の要請にも気取らずに応えてくれます。

気持ちの良いレスポンスにこれから益々活躍の舞台を広げていかれるのではないでしょうか。

そんな彼女の変顔をまとめてみました。

今後、もっと沢山の変顔が露出してくるかもしれませんのでほんの一部になるかもしれませんね。

Sponsored Link

真飛聖(まとびせい)の変顔が面白い!

BEFORE

真飛聖

 

こちらは通常の表情です。

艶やかにも見えおキレイですね。

次に変顔をした時の画像です。

三連発でみてみましょう。

とってもサービス精神が旺盛で好感が持てます。

AFTER1

真飛聖

「何ということでしょう。」

AFTER2

真飛聖

「さらに何ということでしょう」

AFTER1

真飛聖

「さらにさらに何ということでしょう」

美人がキチンとされる変顔は好感が持てますね。

ほっぺたを膨らませるだけの勘違い野郎に比べても潔さと気前の良さが抜群です。

Sponsored Link

元宝塚トップスターの時の画像

名誉挽回ではありませんが、宝塚トップスターの御姿を拝見しておきましょう。

 

やはりおキレイですね。

宝塚では20年もの間、男性役に徹してきたこともあり、服装も女性らしいものがまだ苦手との事です。

スカートがまだしっくりこないようですね。

スタイルが良い方ですので無理にスカートを履かなくてもよいのではと思ってしまいますがどうなのでしょうか?

パンツ姿こそ、スタイルの良い方の特権でもありますし、難しいスタイルの一つですね。

パンツでもセクシーに着こなせますし、トップスも必ずしも鎖骨が見えるものが良いとは思いません。

美しい方ですので、パンツの種類だけでもスラックスやテーパードやジョガーなども良いでしょうね。

もちろん、スキニーなんかは合うでしょうが個人的にはテーパードスタイルが見たいななんて思います。

真飛聖の彼氏や結婚や経歴は?

今の所、あまり浮いた話が無いようですね。

男性から食事に誘われて数度行ったと真飛聖さん自身がお話しされていました。

その時に服装の事を男性から言われたようですね。

「好きな人と食事に行くときにはどんな格好をするのか」的な発言をされたようです。

真飛聖さんが好意を寄せていた相手からの食事の誘いの場でのお話しですのでショックだったようですね。

ただ、男性がその様な発言をするのであれば、「この服装だよ」と素直に言うことができるだけでよかったのではないでしょうか?

進展したのではないかと思います。

キャップを被って普段着っぽい服装で食事に来る訳ですから、大事にされていないのかな?と男性も傷つきたくなくて質問をしたのかもしれませんね。

服装は無理にスカートを履く必要はありませんが、素直に発言するだけで恋愛は発展するのではないかと思います。

次はまんまをお話しされるといいですね。

これからの活躍を期待しています。

女優業でも活躍の舞台を更に広げてもらいたいですね。

 

Sponsored Link

 

 

岡崎体育は母親のパンストと学習机で作曲?経歴や歌詞がキモすぎ?

岡崎体育

岡崎体育さんがダウンタウンDXに初出演しますね。

何かと話題の岡崎体育さんですが、パピコのCMの主演と歌唱、それに脚本を手掛けるなど、活躍の舞台も広がっています。

「キモすぎる」

などの声もある中、本人自身が

「相変わらず憎たらしい顔してんなァ俺はよォ!・・・」

などと発言をするなど、自分のキャラクターを上手に作って、うまく操っている様にも見えますね。

キモキャラ?を存分に発揮しながらも、岡崎体育さんの楽曲は話題性に富み、人気にも益々広がりをみせています。

独特のプロデューススタイルは成功しているのではないでしょうか。

そんな岡崎体育さんの良いところの1つに庶民的な所が挙げられます。

芸術は場所を選ばすに、ヒョンなところから生まれることもありますが、岡崎体育さんの創作はどこから生まれ、何を表現しているのでしょうか?

母親のパンストと学習机に関してはご本人の発言ですが、沢山の楽曲を世に送り出している岡崎体育さんの制作風景はどのようなものなのでしょうか?

Sponsored Link

岡崎体育の経歴や歌詞がキモすぎる?

岡崎体育さんのツイッターなどを見ていましても、音楽に対するストイックさやシビアさ、真面目さが見受けられます。

常に将来を見据えて今に取り組んでいる方との印象を持ってしまうんですね。

キモすぎ?とは少し違うような・・。

これもセルフプロデュースの一貫なのでしょうか?

岡崎体育さんの経歴はとても魅力的です。

岡崎体育の経歴

本名: 岡 亮聡(おか あきとし)

生年月日:1989年7月3日(28歳/2018年2月時点)

血液型:A型

出身:兵庫県西宮市生まれの京都育ち

出身大学:同志社大学

岡崎体育の由来:電気グルーヴの石野卓球に憧れて

岡崎体育の音楽歴:

中2から作曲を開始

大学でバンド結成

  • 「愛新覚羅ヌルハチ」
  • 「ヴァーツヤーヤナ・カーマ・スートラ」

2012年:大学卒業後に「岡崎体育」としてのソロプロジェクト開始

2014年:ソニーミュージックと育成契約

2016年4月:「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオを公開

2016年5月:メジャーデビュー(SME Recordsより)

『BASIN TECHNO』(アルバム)

  • オリコンウィークリーチャート初登場9位
  • iTunes J-POPチャートで1位

デビューと同時に人気が爆発しています。

その後の活躍はまさに時代の寵児のごとくですね。

経歴だけではキモさは感じられませんね。

それよりも、岡崎体育さんは、大学卒業後に一度は会社勤めをするものの、音楽に専念するために会社を辞めてスーパーの品出しのアルバイト生活をはじめます。

今度は大胆で地道な努力家の印象を受けますね。

岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video

「MUSIC VIDEO」の視聴回数はなんと、2800万回を超えています。

驚異の数字ですね。

また、同作はミュージックビデオとして、『第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞』を受賞します。

2017年リリースの「感情のピクセル」は耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか?

聴くと、「あっ、聴いたことがある」となるかもしれません。

ミュージックビデオは風刺なのでしょうか。

「音楽プロデュースはこうしておけばよいんだよね」感が満載です。

実際に体現してみせて、わかり易く見せてくれています。

トランシーバー持ったりしているのもシュールですね。

カメラワークや意味のない歌詞、カッコイイ音とリズムと発声の持つ意味などを考えさせられます。

「感情のピクセル」の再生回数は900万回に及ぼうとしています。

ミュージックステーションでは歌唱中に水を飲みます。

歌っていないのに歌声だけはしっかりと流れる演出をします。

口パクを面白く表現したのです。

ペットボトルの水は予めテーブルと一緒に用意されていましたから、筋書き通りなのでしょう。

岡崎体育の歌詞はキモすぎる?

歌詞の内容は聴く人によって感じ方が分かれるようです。

意味のない言葉を沢山重ねることで意味を持たせているとも取れますし、単に意味のないものとして捉えても間違ってはいないのでしょう。

言葉にメロディーを付けてみたら?

こんな感じで楽しんで楽曲の制作をされている様子が伺えます。

そして、曲調からか、言葉が耳に届いてきやすいのも印象的です。

言葉に逆らっていない素直なメロディーを“言葉に乗せてくれている”のかもしれませんね。

タンタッターのぶんぶん・・・(適当にです)」

とか、好き嫌い問わず頭に残っちゃっています。

Sponsored Link

岡崎体育は母親のパンストと学習机で作曲?

岡崎体育さんにしてみれば、音楽のヒントは実家の中に落ちている様ですね。

例えば、冷蔵庫に貼ってあるお母さんのメモ書きを英語風に読んだ楽曲、『冷蔵庫に貼ってあったメモ書きを英語風に読んでみた』などはまさにそうです。

新曲を作った時にも母親に聴かせて意見を聞くこともあるようです。

お母さんの声という、“お茶の間の最前線の意見”が世間の声を反映していると捉えて真摯に聞いているのですね。

何ごとも成功のヒントは足下にあるんだなあと気付かされる思いです。

母親の使用済ストッキングをポップブロックに


正直、ポップガード1000円で送料無料でも買えるものです。

これを、お母さんの使用済みのストッキングとハンガーで自主制作しているのですから本当に庶民的ですね。

岡崎体育さんは、スーパーの品出しのバイトの傍ら、自宅で楽曲制作をしています。

全てではありませんが自宅での制作も多いのです。

「工夫次第でなんでもできますから」(岡崎体育さん談)

コイズミの学習机で仮歌録りで使用しているようですね。

コイズミの学習机(ロフトベッド)で楽曲制作

楽曲制作現場はコイズミのロフトベッド付きの学習机です。(画像はイメージです)

ここにポップガードを設置して歌録りしているのですね。

小学校1年生の時から学習机を愛用していますので、すでに21年程経過しています。

この点も庶民的ですね。

  • 「学習机は机としての性能がすごくいい」
  • 「作業机としては最高」

など、岡崎体育さんの学習机への評価は非常に高いです。

確かに機能的ではありますが、何年も同じものを使用することって“できそうでできない”ことなんですよね。

大人になるとカッコつけて小学生時代の机を使わなくなる方も多いのではないでしょうか。

誰でもできそうで、案外やっていないことをしているのが岡崎体育さんかもしれません。

馴染みのある机を使い続けることから才能が開花して、世界に発信されていることは確かです。

このように基地の様な空間は子供はもともと好きですよね。

何か隠された意味でもありそうな気さえしてきませんか?

才能の目を伸ばしていくには最高のシチュエーションなのかもしれません。

まとめ

周囲に落ちているものからヒントを得て、それを形にして発信することができるのが岡崎体育さんの魅力の一つかもしれません。

それは、周囲の声であったり、周囲にいつもあるものだったりと様々です。

実家にあるものだったり、ふと流れている音楽だったり、いつも目にするの映像だったりとありきたりなものです。

ありきたりなものが“岡崎体育”通すことで、“もっと見えやすく、わかりやすいもの”として伝わってくるのではないでしょうか。

それは、にはカッコよく、時にはキモすぎる表現となって聴衆に届くのでしょう。

これからも古くて新しいものの発信を期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link

しょぎょーむじょーブラザーズ経歴や動画!ブレイクダンスにシルクドソレイユも

しょぎょーむじょーブラザーズ

わたしはシルク・ドゥ・ソレイユが好きです。

ただ、日本人のダンサーはまだまだ少ないんですね。

そんな中にあって、日本人のシルク・ドゥ・ソレイユ登録ダンサーでもあるヒデ(HIDE)さんブレイクダンスを得意とするToshi-Rockさんコンビがしょぎょーむじょーブラザーズです。

パフォーマーとしての生き方を追求されているしょぎょーむじょーブラザーズですが、まだまだ認知度は高いとはいえないかもしれません。

エグザイルなどはパフォーマーが表に立って活躍することに成功しています。

しかし、一般ではパフォーマーに対する認識はまだまだ低いのが実情かもしれません。

そんな日本の風土を変革すべく

「ブレイクダンスという素晴らしいものをもっとたくさんの人に知って欲しい」

との共通の思いの元、立ち上がったのが、しょぎょーむじょーブラザーズの2人なのです。

TVで目にするものだけがメジャーとは言えない世の中になってきました。

今や、SNSやyoutube動画などの普及により、ニッチな世界も簡単にメジャー化し、ダイレクトに需要と供給が成立する様になってています。

とはいえ、しょぎょーむじょーブラザーズのパフォーマンスを知るには、TV出演の機会などの露出がもっと必要かもしれません。

なぜなら日本ではパフォーマーに対する認識とパフォーマーに接する機会が圧倒的に少ないからです。

そんな中、しょぎょーむじょーブラザーズは関西から活動拠点を東京に移し、いよいよ名実共にメジャー化する時を迎えています。

TV出演の機会も増えるのではないでしょうか。

実力派の無重力アクロバットの技の凄さを身近に感じることができる。

視聴者にとってもパフォーマーのすごさを知るのにも絶好の機会となることでしょう。

そんな、日本でのパフォーマーの概念を変革するかもしれない2人について紹介します。

しょぎょーむじょーブラザーズの経歴やブレイクダンスや無重力アクロバットなどのパフォーマンス動画などをみていきましょう。

Sponsored Link

しょぎょーむじょーブラザーズhideとToshi-Rockの経歴

マッスルブラザーズとしてマッスル体操上級編についての動画です。

  • ロケットステーション
  • 子猫ちゃん
  • LOVE IS FOEVER
  • インド人スタイルのアクロバット
  • スーパーマン

など色々と丁寧に教えてくれています^^

わたしはどれ1つできませんが・・。

いとも簡単にされるのでできそうな気もしますがそこはやはりプロの技ですね。

しょぎょーむじょーブラザーズの経歴と受賞歴

2011年:
天保山ワールドパフォーマンスフェスティバルに出演
(海遊館内ハーバービレッジ)

第2回 SEACLE大道芸コンテストで優勝
(りんくうプレジャータウンSEACLE)出演8組

泉佐野市長賞を受賞(大阪府)

2012年:
ふくやま大道芸グランプリ シルバープライズを受賞
(広島県福山市)

大道芸ワールドカップin静岡 2012年 オン部門 出場

2013年:
大阪パフォーマーライセンス最優秀賞 受賞
バンベルク パフォーマンスフェスティバルにて最優秀賞受賞
大道芸ワールドカップin静岡 2013年 オン部門 出場

2014年:
バンベルク パフォーマンスフェスティバルにて最優秀賞受賞
➠2年連続で最優秀賞を受賞
大道芸ワールドカップin静岡 2014年 オン部門に出場

2015年:
しょぎょーむじょーブラザーズ単独公演(280名を動員)

2016年:
しょぎょーむじょーブラザーズ2回公演満席(640名を動員)

コンスタントに賞レースには参加しており、受賞歴も凄いですね。

海外ではドイツでの武者修行の如く、深夜の比較的高齢の方が集うディスコでのパフォーマンスなどの様々な現場を数多くこなしています。

2015年、2016年には2年連続でドイツのハンベルクパフォーマンスフェスティバルにおいて最優秀賞を受賞するなど海外での活躍も目覚ましいものがありますね。

しょぎょーむじょーブラザーズ

無重力アクロバット コンビ

重力を感じさせない想像を超えた組体操。鍛え上げられた肉体が奏でるブレイクダンス。
技のHIDE、顔芸のToshi-Rockがアクロバットの固定観念をぶち壊します!
2013年、2014年 ドイツのフェスティバルにて最優秀賞を2年連続受賞。
2015年2月には自身初となる単独公演を行い280人を動員。
2016年5月にも単独公演を行い、2回公演満席の640名を動員。
海外でも勢力的にパフォーマンスを行いYahoo!ニュースにも取り上げられる(香港で…)
またメンバーはブレイクダンスの世界大会チャンピオン。
シルク・ドゥ・ソレイユアーティストを有する。
日毎に進化する『しょぎょーむじょーブラザーズ』を見逃すな!

ライセンス:
EXPO アーティスト in フォレスト パフォーマーライセンス 取得

東京都公認ヘブンアーティスト ライセンス 取得

天保山 ハーバービレッジパフォーマーライセンス 取得

大阪パフォーマーライセンス 出典:公式ブログ

Sponsored Link

しょぎょーむじょーブラザーズhideの経歴

HIDEの幼少期~中学時代

幼少期から中学時代まではパフォーマーとしての片鱗は見えませんでした。

ゲームに夢中だったと本人のブログでも語っています。

中学時代にはテニス部に入るのですが、入部して球技が苦手なことがわかり行かなくなります。

部活の時間をゲームに充てますが、ここでの活躍は目覚ましく、対戦格闘ゲームでは30連勝をするなどと、敵なしの成果をあげるのです。

高校時代

高校に入学し、転機が訪れます。

体操競技部に入部したHIDEさんは入部初日に頭角を現します。

なんと、バク転を決めてしまうのです。

面白さを知ったHIDEさんは体操競技にのめり込み、3年生の時にはキャプテンになり部を引っ張っていき団体優勝の経験もします。

個人での成績もすごく、高校生からはじめた体操競技にも関わらず、種目別つり輪では優勝も果たすのです。

球技が苦手だからといって体操ができないとは限らないのですね。

選択肢を誤らなかったからこそ今のHIDEさんがあるのですね。

HIDEの大学時代

ウィンドミル(背中で回る技)は上の動画のダンスのことです。

高校時代には大学でも体操競技の道を進むと決めていたHIDEさんですが、転機が訪れます。

後輩のウィンドミルを見て、もともと興味があったHIDEさんは2週間でウィンドミルをマスターしてしまいます。

実はこのウィンドミルは体操にもあるのですね。体操でのウインドミルはA難度で、前後開脚でも同じ難度ですので、積極的に取り入れることはあまりないようです。

体操の下地があったHIDEさんはこのウィンドミルをマスターすると同時に体操よりもブレイクダンスへの熱が沸騰します。

大学に入学してからはブレイクダンスへの練習に打ち込みます。

世界大会で優勝

ダンスを始めてわずか5年後には世界大会「2007年INTERNATIONAL BOTY 2007」にて優勝することとなります。

ブレイクダンスの最も大きく歴史と名誉のある世界大会に出場し、ショーケース部門で優勝の栄冠を勝ち取るのです。

Turn Phrase Crew(Japan)として出場します。
当初の目的である世界大会での優勝を見事果たすのです。

動画を見ても凄すぎますよね!

ストーリー性のあるブレイクダンスショーが素晴らしいですね。

人ってあんなことができるの?と思われる方も多いかもしれませんね。

チームワークの良さと個々のパフォーマンスの高度さが際立ちます。

ヘッドスピン世界記録保持者のAichiをはじめ、Toshikiなど名だたるメンバーが揃っています。

才能は才能を呼ぶのですね。

HIDEがシルク・ドゥ・ソレイユに合格

HIDEは、目標を一時期見失う時期があったと述懐しています。

そんな時にシルク・ドゥ・ソレイユのオーディションを受けます。

見事、合格を勝ち取ります。

シルク・ドゥ・ソレイユ公認アーティストとなるのです。

京都の感動エンターテイメント GEARの一員に

親友のBBOY KAKUの紹介でGEARの一員として出演します。

『ギア-GEAR-』とは、日本発×日本初のノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンスです。

ブレイクダンサー、パントマイム、マジシャン、ジャグリング、女優

宝塚歌劇や劇団四季、歌舞伎公演など、幅広い現場を経験した小原啓渡さんが統括プロデューサーをしています。

一つ一つの歯車(ギア)の大きさや色、形が違っても、それらが補い合い、連動した時、調和という真の美が創造されるのだと信じています。小原啓渡

歯車を意味しているのですね。

日本語に頼らないため、日本語がわからない海外の方や小さい子供までが楽しめるための演出をされており、海外でも活躍しています。

そして、このギアの過程において、しょぎょーむじょーブラザーズの相方であるToshi-Rockと出会います。

しょぎょーむじょーブラザーズの結成

これまでに知らなかったジャンルとの出会いでHIDEは多くの気付きを得ます。

そして、ブレイクダンスの世界が一部の人にしか知られていない狭いものだと感じるのです。

そして、「僕も自分で発信したい!」しょぎょーむじょーブラザーズが結成されるのです。

You First Me Second(自分は2番目、相手が1番)

パフォーマーの生き方としてヒデさんはこの様に述べられています。
お客さんがいてこそのパフォーマーなんだとの経験から紡ぎ出された言葉です。

これって大事ですよね。

私自身の仕事や人生においても言えることです。

人はともすれば、自分の我を通すことが目的となってしまいます。

「ブレイクダンスを広めたい!」

「パフォーマーとしての知名度や地位を上げていきたい!」

「パフォーマーとして人を喜ばせたい!」

などの大きな目的がある彼らにとっては目的を見誤ることはできないのです。

HIDE

生年月日 : 昭和59年2月23日
出 身 : 大阪府大阪市
身 長 : 163.4cm  体重 : 63kg  血液型 : A
趣 味 : マンガ、カメラ、映画、デジタル機器
好きな言葉 : いいかい! もっとも「むずかしい事」は!「自分を乗り越える事」さ!!
好きな食べ物 : 白米、寿司、魚、肉、菓子パン

パフォーマンスを始めたきっかけ : ブレイクダンスという自身の一番得意なツールを使って何ができるか挑戦し、自分自身を磨き、ブレイクダンスという素晴らしいものをもっとたくさんの人に知って欲しかったから。
出典:公式ブログ

Toshi-Rock

生年月日 : 昭和59年11月1日
出 身 : 北海道札幌市
身 長 : 175cm  体重 : 70kg  血液型 : A
趣 味 : 熱闘甲子園 鑑賞
好きな言葉 : PASSION TIME
好きな食べ物 : 豚キムチ、モンスター、レッドブル(カロリーオフはNG)

b-boy battle 九州 優勝 USJ ハロウィンパレード 2009出演 USJ スタントオーディション 2010合格 他、ダンスインストラクター、数多くのダンスバトル入賞経験、 商業施設やイベントでのパフォーマンス経験あり。

パフォーマンスを始めたきっかけ : もっとたくさんの人にブレイクダンスを知って欲しいから。
出典:公式ブログ

Sponsored Link

しょぎょーむじょーブラザーズの動画

マッスルブラザーズとしてマッスル体操上級編についての動画です。

  • ロケットステーション
  • 子猫ちゃん
  • LOVE IS FOEVER
  • インド人スタイルのアクロバット
  • スーパーマン

など色々と丁寧に教えてくれています^^

わたしはどれ1つできませんが・・。

いとも簡単にされるのでできそうな気もしますがそこはやはりプロの技ですね。

1+1=∞(無限)
とても良いメッセージですよね。

絵面も壮大でいいですね。

しょぎょーむじょーブラザーズのパフォーマンスは2人の可能性が無限であることを感じさせてくれます。

しょぎょーむじょーブラザーズは様々な営業活動もされています。
出演依頼なども公式ブログにて受け付けていますので、興味のある方はこの機会に是非お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

しょぎょーむじょーブラザーズのまとめ

しょぎょーむじょーブラザーズの鍛え抜かれた筋肉と技は一見の価値があります。

松本人志が筋肉ムキムキで有名ですが、自分の体を鍛えることが注目されてきています。

また、ライザップなどの台頭もあり、これから益々ストイックに磨き抜かれた肉体は人を魅了していくのではないでしょうか。
ここまでITが発達し始めると人は逆に自身の肉体に信頼を置くようになるのでしょうか?

パフォーマーとして世界の頂点を極めた2人の男!しょぎょーむじょーブラザーズが、パフォーマーとして活躍することを楽しみにしています。

わたしもブレイクダンスへの興味はありませんでしたが、しょぎょーむじょーブラザーズが切っ掛けとなり、はじめて自分で動画を沢山見ました。

人を喜ばせる、そのための場を増やす。

しょぎょーむじょーブラザーズの情熱が人の心に届く機会が更に増えていき、感動を与えることとなるでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link